受講生の声


<介護施設長&病院事務長>

  T・Kさま(男性40代)  ご報告メールより   2017.7.9

 

(今回は友人の結婚披露宴でのスピーチを練習されました。)

 

昨日は夏のスピーチ大会、参加できず申し訳ありませんでした。

先生にご指導を受けておりました友人の結婚式スピーチの結果についてご報告致します。

 

うまくいきました!!!

 

今まで経験したことのない、殆ど知らない人ばかり、横長の非常にコンパクトな

レストランで総勢70名がすぐ近くで聴く中でしたが、

会場の皆さんの雰囲気にも助けられて、自分的にも満点のスピーチができました。

自分の言葉一つ一つに聴き手が反応してくださり(時には反応が大きすぎて、おさまるのを

待たなければいけない瞬間もありました笑)、これまで花本先生に教わったことがこんな結果に

つながるとは、しびれるような成功体験をさせて頂きました。

 

帰り際、乾杯前のスピーチをされた、新婦の看護学校(短大)の先生が寄って来て声をかけて下さり、

「あのスピーチは僕が今まで聞いた中でピカイチだったよ。起承転結、新郎の人となり、新郎の苦労、

 スピーチの中に凝縮されていて、最後の言葉も素晴らしかった。本当によかった。」

と言って下さりました。

知らない人ばかりの中で、聴き手を少しでも感動させることができたことは、ものすごい自信になりました。

一夜明けた今でも興奮がおさまりません笑。

 

花本先生のこれまでのご指導に本当に感謝するとともに、今後も変わらずご指導の程どうか宜しくお願い致します。

 

以上どうしても報告したくてメールしました。

また水曜のレッスンも宜しくお願い致します!

 

 

T・Kさま

こちらまで心弾むようなご報告、ありがとうございます。

当方でレッスンを始められてからもう5年ほどになるのではないでしょうか。

その都度目標を持って、達成するための努力をいつも重ねていらっしゃいました。

半期に一度の発表会では、回を重ねるごとの上達ぶりに聴き手の皆さんと惚れ惚れしつつ聞かせていただいています。

たった一度の成功体験が、それまでの失敗体験(苦手感)を一瞬にして塗り替えます。

また次のステージへの大きな布石になることと思います。忘れず心に留めて活かしていってくださいね。

 


<国立大学院・留学生>

S・C さま (女性・30代)ご報告メールより      2017.7.9

 

(*留学生スピーチコンテストに再度挑戦のため、原稿作成とスピーチ練習をなさいました)

 

 

いつもお世話になっております。

 

S・Cです。

 

昨日はスピーチコンテストに参加しました。

そして、おかげさまで、最優秀賞をもらいました!!!

早く花本さんに報告したくて!花本さんもいっしょに嬉しくなると思います!

 

 

S・Cさま

素晴らしい!前回の練習不足や不完全燃焼感を克服できましたね!

いつも、粘り強く投げ出さずしっかりと自分の気持ちを伝えてくださる S・Cさん、

きっとコンテストでもその心の有り様が伝わったのだと思います。

今回持ち込まれた原稿も、訂正箇所が少なくなった良いものでした。

ご自身の研究方向と日本語を並行して勉強するのは大変だと思いますが、

今後も是非前向きに取り組んでいってほしいと思います。

スピーチコンテスト最優秀賞、おめでとうございます!先生も一緒に嬉しい!

 


<N産業株式会社代表取締役>

      M・N さま(男性・50代)ご報告メールより       2017.6.29 

 

  (ご子息の結婚披露宴での両家代表謝辞を練習されました)  

 

ご指導いただき有難うございました。

親子揃って無難に挨拶も出来たようでほっと致しました。

 

さすがに460人超の結婚式は私も初めてでしたので圧倒されました。

しかし非常に華やかで本当に素晴らしい光景でした。

 

 

息子も先生に訂正して頂いた内容で、意外にも堂々とスピーチして私も非常に驚きました。

私自身は、「声が張って良いスピーチでした」と列席の方よりお褒めいただきました。

 

 今回も有難うございました。また次回も宜しく御願い致します。

 

 

 

M・Nさま

この度も早速のご報告をありがとうございます。

ご子息の披露宴が、華やかかつ心温まる空間であったことと想像しております。

M・Nさまご自身が、自分の声の張りや波長にお気づきになられたからこその発声です。

さらにさらにと意識を高くお持ちなのがよくわかります。

持ち前の朗々たるお声と、なぜかいつも本番に強いご自身を大事になさってください。

またのお越しを心待ちにいたしております。


<春から高校生>

   M・K さま      合格報告にお越しくださいました       2017.3.18

 

(芸能文化科への進学にあたり、入試項目の一つ「朗読」の訓練をされました>

練習に来たことで自信がついた。

自信を持って入試(朗読)に臨めたのがよかったと思う。

本番の文章が練習題材とよく似た感じのストーリーだったので、

表現の工夫や心情の捉え方などポイントを掴むことができた。

 

M・K さま

1月、2月 と、朗読の勉強にお越しになっていたMさん。

希望する学科が、他の高校にはない学科のため 全国から希望者が集まり倍率も高いところです。

入試項目に朗読があり、「初めてのことなので、、、」と一念発起で勉強に来られました。

初めてながらも、持ち前の想像力、そして表現する力をメキメキつけていく姿は、見ていて嬉しかったです。

高校生活を思いっきり楽しんでくださいね!また遊びに来てください!

 


 

<看護師>

      R・F さま(女性・30代)ご報告メールより 2017.3.11

 

(短期大学看護学科 卒業生代表答辞をなさいました)

本日無事に答辞が終わりました。

きちんと読めていたとお褒めのお言葉もいただけたので、無難に終わったとホッとしています。

一度も噛みませんでした。

最後のキメの一文に力があったと言っていただけました!!

先生のおかげです。練習の成果が出ました。

ありがとうございました。感謝感謝です。

 

R・Fさま

初めてお越しいただいたのはもう10年ほど前ですね。

常に前進を続け未来を創る力を見せていただけるのがとても嬉しいです。

なぜかしら、「人前で話す機会」が度々廻ってくるRさん。(笑)

でも、私にはRさんに頼みたくなる周囲の皆様のお気持ちがよくわかります。

持ち前のキャラを生かしてお仕事に邁進してください!

 


<N産業株式会社代表取締役>

      M・N さま(男性・50代)ご報告メールより  2017.1.13

 

(*鉄鋼業界の新年祝賀会、800人の前で中締めのご挨拶をなさいました)

 

 M・Nです。

今回もご指導頂き有難うございました。

 

おかげさまで自分で言うのもなんですが、完璧なスピーチが出来たと思います。

 スピーチが終わったあとに、K製鋼の社長を始め、歴代の幹部の方々から大絶賛していただきました。

 

声が非常に良く通っていたと言われたのが特に嬉しかったです。

壇上から皆さまが私の話を聞いていただいてる光景は本当に快感の極みでした。

最後はご指導いただいた通り、演台から左へ移り三本締めを地声で行いました。

 

会の終了後、K製鋼の専務と会食をさせて頂いた際に、

「これでN産業の名前はかなり知れ渡ったと思いますよ」

と仰っていただき、やらせていただき本当に良かったとしみじみ思いました。

 

これもすべて先生のご指導のおかげです。本当に感謝しております。

来週の業界新聞には出ますので、またその記事をお送りいたしますのでご覧いただけましたら幸甚に存じます。

 

来週の竣工式のスピーチも頑張ろうと思います。またそれ以降も大きな行事が6月に有り、

また御世話になろうかと存じますのでその節は何卒宜しく御願致します。

 

 

M・Nさま、ことあるごとに当方を思い出してくださりありがとうございます。

微力ながらも御社ご発展に役立てておりますことを、心から嬉しく、光栄に存じております。

またいつでもお越しください。お待ちいたしております。


<会社員>

H・Y さま(女性・40代)ご報告メールより  2016.12.4

 

(*学会のゲストスピーカーとして招かれ、業界の啓発・改革の布石となるお話しをされました)

 

 

こんにちは。先日プライベートのスピーチレッスンを受講致しましたH・Yです。

先日は大変お世話になりまして、どうもありがとうございました。

 

先生に教えていただきました内容を胸に、学会でのゲストスピーチをして参りました。

会場は広かったのですが、先生のお話の通り、スピーチのときにはお部屋が暗くなり、

少し緊張もほぐれてスピーチできたと思います。

 

内容も先生のアドバイスを取り入れさせていただき、文章の内容を一部変え、とても読みやすくなりました。

それでも本番時は、最初の1枚目を読むくらいまでは声も震えました。

終了後、皆さんから「感動しました」「私も泣いてしまいました」とのお声を何人からもいただき、嬉しかったです。

先生に教えていただきましたように、原稿のフォントを大きく変え、線を引き、

登場する人物の口調を再現しながら話しました。

 

事前に、花本先生に心構えや、当日の段取りを教えていただき、とても安心感を持って発表できました。

本当にどうもありがとうございます。

 

色々教えていただき、本当にありがとうございました。

                                       H・Y

 

H・Yさま、大役、おつかれさまでした。

強い意志を持って臨まれるご表情がとても素敵でした。

心打つ、素晴らしい発表であったことと拝察いたします。

1回のレッスンでしたが、ポイントをどんどん掴んでくださり、頼もしかったです。


<国立大学院・留学生>

S・C さま (女性・30代)ご報告メールより 2016.11.7

 

(*奨学生スピーチコンテスト出場のため、原稿作成とスピーチ練習をなさいました)

 

 

 

こんにちは。

奨学生スピーチコンテストに参加してきました。

 

原稿も、スピーチのやり方も、いろいろ応援してくださって、本当にありがとうございました。

コンテストの結果ですが、参加賞をもらいました。

19人が出場しました。皆さん日本語も上手いし、内容もいいし、スピーチも慣れているそうで、すばらしいでした。

私は原稿の文脈をちゃんと覚えて、原稿を見なくても大体順調にできました。

しかし、やはり緊張しすぎて、練習不足でした。

残念。素晴らしい原稿だったのに。今後はもっとできたらいいなあと思います。

 

ありがとうございました。  

                       S・C

 

S・Cさま

人柄の良さがあふれ出る、とても素晴らしい原稿ができましたね。

S・Cさまが伝えようとなさった、周囲の人(日本人)への感謝の思い。

練習中に私も泣けてきそうでした。またいつでもいらしてくださいね!