「滝」を眺めてまいりました

滝はパワースポットらしいですな。

あんま、そこには注目しないタチなのでただただ、自然の造形美を楽しんでおります。

 

清涼な水が流れる場所というのは良いらしい。

昔、知り合いのカメラマンさんがそないにいうてはりました。

ほんで綺麗な川の近くに引っ越した・・・

んだが、別に何も変わらんと。(笑)

 

せせらぎは F分の一の揺らぎ とか言いますので

癒しに繋がるのでしょうね。

 

怒涛の4月も終わりに近づきやっと時間が作れるようになってきました。

 

5月初旬からは朗読教室の見学予約がパタパタ入っています。

嬉しいにゃ〜仲間が増えると良いにゃ〜

新入社員研修

さくら咲く。今年もこの季節が巡ってきました。

4月初旬は新入社員研修でバタバタ忙しいわたくしです。

 

学生から社会人になる方、この春転職された方。

スタート地点は違えど新しい職場で新しい生活の始まりです。

 

毎年の恒例で研修を複数件請け負っております。

短時間ながらも若い方達と身近に向き合うこの季節。

 

 

 

素直でひたむきな顔も

粗削りで反発心に満ちた顔も

一生懸命でキラキラした瞳も

ぼんやり虚ろな瞳も

 

ほんの何ヶ月かの間に大人の顔になっていくのでしょうね。

人は置かれる環境と出会いであっという間に進化していきます。

 

進化を受け入れる体制と、

進化を遂げるのは自分自身であることを忘れないでいてほしいといつも思います。

 

りふれっしゅ。

4月から研修講師で忙しくなるので、その前にちょっとりふれっしゅしております。

鷺って逃げないよね〜動かないし。

鳴声怖いけど大きい鳥を間近に見るにはいいよね〜。このあと近寄り過ぎて逃げられましたけど。

梅。桃。桜。

3月に入って一気に春の訪れを実感する機会が増えてまいりました。

公園では梅や桃が今を盛りと咲いています。

吹く風も冷たいのに穏やか。

毎年のこの時期、いつになくわくわくするのは私だけでしょうか。

年度替りを迎え、教室では、

懐かしい顔、緊張気味の顔、いつもの顔、

色々なお顔と出会える早春の頃です。

 

 

 

Yさんの一時卒業

昨年9月からレッスンにお見えになっていた、Yさん。

もう、テレビCMか?と思うほどの黒髪ツヤッツヤな女性です。

月1度のレッスンに来られるたび、

きちんと課題を準備、または課題をクリアして来てくださいました。

 

派遣業から正社員へ。

環境の変化や、新しいシステムの中での仕事。

色々と考えることの多い中、

悩むよりも実践あるのみ!と毎回練習に励んでいらっしゃいました。

 

その甲斐あってか、

初めての朝礼スピーチでは全社員200名の前でのスピーチが大成功、

これまで交流のなかった社員さんまでが、

 

「スピーチの人だよね?」

「すごくよかった、感動しました」

 

と声をかけてくれたそう。

 

すごい。一気に職場での認知度が上がりましたね〜よかったよ。

 

春からは次への新たなる挑戦で忙しくなるそうで

オフィスオハナ でのレッスンは(一時)卒業です。

 

「でも先生、落ち着いたらまた来たいです」

 

と言ってくださる嬉しさよ。うるうる。

いつでもまた来てくださいね。

 

きっとまたさらに素敵になってお越しになるだろうな。むふふ。

楽しみじゃよ。。。。

 

 

アロマテラピーレッスン

月に1回開催のアロマテラピーとハンドマッサージのレッスン。

私も受講させていただいております。

開催場所がオフィスオハナ の教室なので。

(アロマテラピストの先生がうちの受講生です。)

 

アロマレッスンは、

アロマの知識を学ぶ座学→精油を使って作ってみよう→ハンドマッサージ実践

の、3つのコーナーで構成されています。

 

作ってみようコーナーで今回作成したのは

「化粧水」。

 

前回に先生からの前宣伝が結構気になる感じでございました。

 

「お肌、プルップルのツヤッツヤのあっげあげになりますよ♡」

 

うむ。

これはワタクシに今とっても必要ではないか。

素晴らしい。わくわく。

 

そして、作りました。

プロテオグリカン入りグリセリン多め化粧水。

 

そして使ってみました!

 

もう!すごいぞ!

先生の言ってたことは嘘じゃない!

 

天然成分のみ保存料一切なし、1ヶ月で使い切ってくださいね。

 

ってのもまた、いーじゃありませんか!

リピ決定っす。

 

作り続けていきたいっす。

 

プルップルのツヤッツヤ、ニマニマしながら満喫中。

 

 

 

 

面接アドバイス

レッスン中にお電話が。。。

見ると1年前の受講生Eさんです。

お急ぎのようなので了解をとってお受けしますと、

 

先生今度は面接対策です!

 

との声。

 

元々声の仕事をなさっている方なので、

勘も良く行動も早い彼女。

 

前回は司会のレッスンでしたが、

今度は面接ですから質疑応答とフリートークのレッスンです。

 

子供さんからの応援を受けて

改めて声の仕事の現場に復帰していきたいとの決心でした。

 

うまくいきますように。

 

1年ぶりの受講生続々③

「先生!急なのですが!」

 

と、いつもながら久しぶりに急に連絡してくる若社長、Jさん。

 

ほんまにいっつも急なんですわ。

忙しそうです。笑

 

ほぼ1年ぶりにやって来た彼。

いつもながらパリッとええもん着てはります。

さすがです。

 

今回は

縁ある方の披露宴に主賓として列席とのこと。

 

「とりあえず原稿書いてきたんですけど、、、」

 

お、では早速お聞かせ願いましょう。

 

 

ふむ、ふむふむ、ウンウン、うーん。。。。。。。

 

 

およそ5分後、

先生はグッとくるのを抑え必死の形相で言いました。

 

最高!

 

Jさん、

選ぶ言葉がもう、珠玉。

俗にある、「ええこと言うてる」のではなく、

一つ一つの言葉が、新郎を思う気持ちであふれています。

新郎となるその方を、Jさんが見つめ続けてきた、

その愛ある時間が見えるようのです。

 

兄のように父のように彼を祝福していらっしゃいました。

 

私自身、長年披露宴の現場に携わってきましたが、

本当に秀逸なスピーチは案外少ないものです。

特に主賓の場合は型にとらわれがち。

 

 

こ、こんな原稿久しぶりです!

 

思わず脱帽した先生でしたが、

そのあとはしっかりしゃべる練習を繰り返してもらいました。

 

喋りもだんだんうまくなるJさん。

最初に来られてからもう長いおつきあいになりましたが

彼がひとまわりふたまわりと大きくカッコ良くなっていく姿を見せていただけるのも

 

嬉しいことです。

 

 

 

 

 

1年ぶりの受講生続々②

1年ぶりの受講生が続々戻ってくる年度替りの季節。

 

女優さんですか〜?くらいに

すこぶる綺麗でキュートなRさんが駆け込みレッスンに。

久しぶりに会えて先生もテンション上がります。

 

全国規模で新システムの紹介と講習を担っている彼女。

原稿と資料を片手に練習開始です。

 

少しでも伝わりやすくわかりやすく

 

と、自分では気づかなかった部分の指摘を真摯に受け止め

原稿を書き換え、口元で練習しています。

 

言葉の無駄がなくなるとよりスッキリクッキリと、

話の流れが頭に入ってき、彼女の良さも引き立ちます。

 

 

ここにくることで安心できるんです〜

頑張れます〜

 

 

って。くぁ〜っ!

ありがとうございます。

 

そして必ず後日に報告もしてくださる彼女。

 

嬉しいです。

 

 

 

 

カラオケ発表会の司会

1月最後の日曜日は「響・歌のフェスティバル」。

カラオケ発表会の司会進行です。

「主宰の先生が若くて男前で将来性があってかっこいいの!」

と生徒さんたちが口を揃えて司会者にいつも訴えてきてくれます。笑

 

スペシャルゲストは  木下結子さん。

 

この発表会、

9月の台風で一旦中止、再度の開催にも関わらず、

木下さんのスケジュールもあい、ステージが叶ってお客様も大喜びでした。

主宰先生の願いも成就です。よかったよかった。

木下結子さんは、私の地元出身でいらっしゃいます。

お隣のシティなので、デビューの頃から両親ともに応援していました。

 

実は、不肖私、

人前で初めてアカペラで手拍子もらいながら歌ったのが、

彼女の当時の持ち歌「放されて」(ほかされて)でございました。

あれはそう、

アルバイト先の宴会、畳のお座敷でございました。

 

ええ。当時は19歳でございます。

巷では カラオケ といえば、

スナックまたはコンテナボックスの中で歌う時代でした。

 

スナックでは、8トラという4曲セットくらいの嵩高いカセットから、

レーザーディスクという一抱えほどのでっかい盤をいちいち出し入れする時代へ変わっていく頃でした。

 

今のお若い方達はわからないでしょ。むっほっほ。

 

そんなこんなで巡り巡って人のご縁で何かと数年前から袖すりあっておりました結子さんですが、

この度の再会で打ち上げの席などもお隣同士だったりで、

ぐぐっと仲良くさせていた、縁の不思議を感じる嬉しいひと時でした。

 

主宰先生に感謝。

シャンソン先生主宰の発表会司会

いやいやいや、シャンソンの先生主宰の発表会をタイトルにしてるんですけど、

会場の壁に居るマチカネワニ君が印象的で・・・・・

これ、是非生で見て欲しいです。

(豊中文化芸術センターね)

すっごいでかい。

恐竜時代のワニの骨格標本(レプリカ)です。

大阪にこんなワニおってんなぁ〜♡

恐竜大好きなんです。小さい時から。

恐竜図鑑はぼろっぼろになってセロハンテープで修繕しまくってました。

現在もジュラシックパーク観るたびに血が湧きまする。

 

それはさておき。

1年の充電期間を経て、シャンソンの先生が主催する毎年恒例の発表会。

たくさんの人が集まって、色とりどりの歌声で華やかな1日となりました。

 

難波のジュリーと名高い主宰先生、

この度はリクエストに応じてジュリーを熱唱。

 

長年のお付き合いながら、

発表会でジュリー歌うの聞いたことがなかったのです。

 

これまた、客席の喜び方と言ったらまぁ。

主宰先生も客席からの黄色い声(ほぼ「ジュリー!」)に

ノリまくりステップ踏みまくり。全身で楽しんでいらっしゃいました。

 

せくしーだいなまいと健在ですな〜笑

 

 

 

1年ぶりの受講生続々①

「先生。この季節がやってきました。」

とラインが入る。

 

 

・・・は?何?なんの季節のことかしら?うう?

 

ラインメッセージの主は、

当教室、生徒としてはすでにエキスパートの位置付けとなったA氏。

プレゼンキングです。

 

ほぼ1年ぶりにレッスンのご予約。

 

 

OH!年度替りで新商品のラインナップが続々と出てくる季節なんですね。

納得!早速新商品のカタログとパワーポイント資料持参でお越しです。

 

久しぶりにやってきたA氏。

開口一番、

「先生、忙しいみたいですね」

 

お?忙しいといえば忙しいが、なんで?

 

 

「いや、ブログの更新がまた滞ってますから。」

 

GOOOOOSH!!!!!!!

 

あぐあぐあぐあぐ・・・・・・・・

 

すみません。

約半年放置してました。

 

忙しいのではなく放置です。

すみませんすみません・・・

 

レッスン前にA氏に詫び倒す先生なのでした。

 

 

夏休み絵日記の如く、

またいきなり「いつかいたんじゃ?」くらいの量でアップします。

 

待っててね。A氏。

 

 

2019 謹賀新年

「あけましておめでとうございます!」

今年もO氏が嬉しそうな表情で教室へ入ってこられます。

 

教室を現在の場所に移して今年の秋には丸8年。

2011年の秋に引っ越したのだが、

翌年2012の2月からレッスンを始めたO氏。

昇進とともにスピーチの機会が増えるので4月までにある程度になっておきたい

との思いで、当時は2日〜3日に1回のペースで繁く通っていただきました。

 

そして2013年からは毎年 1月2日、事始めとしてレッスンにお越しくださいます。

すっかり恒例行事になってまいりました。

 

これを聞きつけた若い方達、

「え!じゃあ僕もお願いします!」と

ちらほらお正月休みを利用してレッスンする方が出始めました。

 

ええことですなぁ。

 

当方は私のスケジュールが空いている限り対応いたします。

お正月もお盆もまずは気兼ねなくお問い合わせくださいね。

 

今年も皆様のお役に立てますよう精進してまいります。