2017年の桜。

桜の季節に

めっちゃ忙しかったり、めっちゃインフルエンザだったり、

そんなこんなで、今年の桜をほぼ諦めておりました。

 

が、

うまいことなってるもんですね。

今年は少しだけ桜が長持ちしてくれたようです。

 

初めての場所で初めての桜祭り。

それだけにとどまらず、少し足を伸ばして山奥へ。

 

標高の高い土地では桜はこれから。

今を盛りと咲く花のアーチをくぐり、地元の小学生が伝承しているという田植え踊りを見て

地元のおっちゃんたちが汗流して焼いてるヤマメの塩焼きを買って・・・・

 

帰りは鄙びた温泉地に立ち寄って。

 

 

めっちゃええや〜〜〜ん!

一緒にうろうろしてくれたツレ様に感謝。

 

スピーチ教室でコーヒーをどうぞ。

T市商工会で新入社員研修を担当した際に、商工会在職の幼馴染が手渡してくれたコーヒー。

彼はお勤めの傍、料理やコーヒーを研究(?)している。

コーヒーも生豆を仕入れて自分で焙煎。

で、わたくしの教室でコーヒーを出していることを知って時々手渡してくれるのです。

わたくしが大好きなものですから、半強制的に生徒さんたちはコーヒーを飲んでくれてはりますが。

 

うちに来るようになって、苦手だったコーヒーをブラックで飲めるようになって、

味の違いに興味が湧くようになって、今やお得意先様とのコーヒー談義ができるようになった方もいます。

 

それを喜んでくださるのもうれしい限り。

 

 

週に1回、ここで美味しいコーヒーをいただくのが楽しみなんです。

 

と言ってくださるのは朗読レッスンにお越しになっているT・Tさん。

本当に美味しいお顔で飲んでくださるので出す方も気合入ります。

 

この、焙煎したてのコーヒー、ただいま好評です。

コクがあって苦味が後に残らない、ふしぎな感覚です。

 

ぜひぜひ〜〜〜!

 

やっちまったような。。。。

やっちゃったんですよね。

どこでどうなったのかはもちろん全くわかりませんが。

 

7日で新入社員研修&大学生マナートレーニングが全て終了し、9日のカラオケ大会の司会に備えていたのですが・・・

 

7日が終了した時点で一瞬気を抜いてしまったのでしょう。

ええ、気を抜いたかもしれない瞬間はありましたよ。

確かにあったんだよぅ。

 

でもその隙をついていきなりこう来るとは。

 

8日深夜、激しい咳き込みと高熱。

症状はインフルエンザです。

しかし9日は終日喋りっぱなしの仕事、穴をあけるわけにはいかない。

 

ってことで、まぁ、薬漬けになりながら早朝から夜にかけてのお仕事しあげました。

声をできるだけ温存しながらだましだまし。。。。。

咳が出そうになるのをこらえこらえ。。。

 

まぁ、その後がたいへんでした。

濡れマスクで配慮してはおりましたが、

接触した方々が無事であることを祈っております。

 

判明している限り一人だけ移してしまいました。

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。。。

 

カラオケ大会の司会。

そりゃもう、「大会」となれば、すごいです。

全国からツワモノが集います。

日本海、瀬戸内海、伊勢湾、太平洋。

 

みんな、そんな旅費交通費かけてくるってすごくないですか?

 

って、言いそうになります。いちいち。

 

それでも、どなたもやはり、このステージで審査されることに価値を見出していらっしゃるんですね。

勢いもすごいです。

長年、また年に主催の違ういくつかの大会で司会をやらせていただいていると、

「常連さん」も顔見知りになっていきます。

 

うまいなぁ〜 と思っていた人が賞を取るとやはり発表の時も力が入ったりしてしまいます。

いやいや、えこひいきとかしないですけどね。

 

で、トップレベルの方々って、何年かすると歌謡講師になっていたりするんですね。

ご自身が大会に出るのではなくて、生徒さんを何人か送り込む側になっていたりします。

 

おお〜〜〜さすが〜〜〜〜です。

 

大会の司会は時間が長い分、請け負う仕事のなかではしんどい方に分類されますが、

まだもう少しやっていけるかな〜と思っております。

 

 

 

・・・・・でも、頻尿になったらおわりやな。(笑)

1分半しかないからね。喋りのインターバル。行って帰って来れん。

 

 

新入社員研修 大阪府&T市商工会

4月4日、7日 の2回で大阪府の機関が実施する新入社員研修に、

4月5日にT市商工会が主催する新入社員研修に、

講師としてご一緒してまいりました。

 

わたくしの担当はコミュニケーションです。

毎年のことながら、自分自身も楽しませていただいております。

座学ではなく、参加型のワークを中心に取り入れ、

学び というよりは、 気づき を 促しています。

コミュニケーションに王道や間違った道があるわけではなく、

場面に応じた、相手に合わせた、臨機応変な機知があれば、

なんとなくでもやっていける。

 

たぶん、大事なことは

 

気づかい・気配り・気働き

 

のなかに入っていると思うのです。

 

誰かを大事に思ってそれを形にした時、それは伝わる。

誰かのために一生懸命に頑張った時、それは実る。

そして

自分のことを大切にしてあげれば自分が喜ぶ。

喜んでいる自分は人を喜ばせることができる。

 

そんなことを感じてもらえたら、それでいい。

そんな研修をしています。

 

大学生のマナートレーニング始まる。

本日よりおよそ2週間。

大阪の私立大学からの依頼にて、3回生を中心にした面接訓練、マナートレーニングの講師を務めます。

学外講義の形式をとり、本町にある企業さまの応接フロアーをお借りしておこなうこの企画、

わたくしが参加させていただくのは今年が初めてですが、もう10年続いているそうです。

参加予定人数は100名。

8人までの小グループに分けて一人一人へのアドバイスを細やかに行います。

 

合間には大阪府依頼とT市商工会依頼の新入社員研修もあります。

現場からの移動のある日はちょっとタイトになりそうですが、

無事乗り切れるよう移動コースのシミュレーションしまくってます。

 

分刻みで忙しいのは何年ぶりでしょう。

がんばりますばい。

 

 

カラオケ大会打ち合わせ

カラオケのステージ司会に度々向かわせていただくわたくしですが、

 

「発表会」と「大会」 は、えっらい違いです。

 

発表会はその主催のスタジオや教室の生徒さまを中心に近隣の皆さまが集って楽しく歌う会

 

ですが、

 

大会 ともなれば、全国からツワモノが勢ぞろいです。

 

なにせ、賞金出ますから〜!

優勝賞金、その会にもよるのでまちまちですが、通常5~10万円くらいは出ます。

 

そんな大会と名のつくステージも年に数回ご依頼頂いております。

春の大会はこれ、毎回ですけど人数がすごい。

他にはない人数の多さ。

 

司会者、現場入り朝の8時。ステージ終了するのは夜の9時。

その間、ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと喋りっぱなし。

 

大変です。

 

今日はその打ち合わせ。

梅田駅構内のいつもの喫茶店です。

 

スタッフの皆様も年々お年のせいかしんどくなっているらしい。

けれど、そのパワーたるや、脱帽もの。

様々な手配や段取り、そりゃもう気を使うでしょうが、

さっさかさっさか進めてはります。

 

まぁ、なんとか、今年もなりそうですね。

司会者、がんばります!

スタッフの皆様も寄る年波、司会者も然りですが!

失礼のないよう誠心誠意努めまする〜〜〜〜。

 

受験合格報告にお越しいただきました。

2月、入試項目の一つにある「朗読」の練習に来ていた中学生のMさん。

この度、めでたく合格されたとのことで、

お父様と二人、わざわざお礼にお越しくださいました。

 

ほんの少しのお付き合いではありましたが、

当方で練習したことが、Mさんの気持ちを強くしたり少しだけでも自信につながっていたなら、

それはとても嬉しいことです。

 

入りたかった高校への入学切符を手にいれたMさん。

よかったよかった。

先生もほっとしました。

3年間、他の高校生にはきっと味わえないであろう素敵な経験をいっぱい積んでください。

 

なにか、お祝いになるものはないかなぁ〜とぼんやり考えていたわたくしでしたが、

ことりカフェの小さいトートを贈りました。

お弁当入れたり、なんか、いろいろ使えそうかなって。

 

自分の中高生の頃を少し思い出したりして、

胸キュンでした。

そんな気持ちを思い出させてくれたMさんに感謝。

 

高校生活を楽しんでください。

 

 

呑み友達のいる風景

有限会社Riseのしゃちょーと呑む。

先だっての日曜日、一緒に仕事をしたときにヤクソクを取り付けようと試みたわたくし。

なにせ、しゃちょー、忙しい。にぽんぜんこくつつうらうら回ってはる。

 

「また行きましょうね〜いつでも言うてくださいね〜」

「お〜!わかった!また行こうな〜!」

 

この程度のやり取りの場合、実現まで半年以上かかる。

 

ご縁がご縁を呼んでの長年のお付き合いだが、

仕事現場で見る彼は、いつも穏やかでどんなときも冷静である。

若い子を大声で叱ったり、ミスに慌てて対処したり、、、っつうのが

全くない。

 

ほにゃ〜とにこやかに、もよ〜〜〜っと的確な指示を出している。

しかも割と素早く。判断が迅速なのである。

ちょっと年上なだけなんだが、大人の太さを感じさせてくれるお方なのです。

 

で、ここで会ったが100年目と「呑みましょう」を連発した結果、

割とあっさり、早めに現実化。

サシ呑みで楽しい相手がいることはとても嬉しい。

仕事関係だからなおさら。

現場をわかっているもの同士、違った目線からの話ができるのは貴重だ。

 

かくして、堺駅前しゃちょー行きつけの沖縄料理店でのふたり🍺はガンガン進むのであった。

本日もご馳走様でございました。

 

 

 

扁桃炎です。

お。い、痛い。

 

 

気づいたのは12日、日曜日深夜2時。

カラオケ発表会の司会を終えたその夜。

帰ってきたときはまだ元気で、取り置きのケーキが残っていたのをきゃあきゃあと食べていたのだけれど。

 

就寝後2時間、違和感と痛みで目覚める。

 

こんなことっていままでなかったのでびっくりです。

痛い の領域が半端ない。

 

息がしにくい、唾飲み込めない。

 

あ、あれれ???

である。

 

月曜日の朝は当然のごとく高熱。

依然、喉は腫れ上がったまま。うがいもできん。息が出てくる場所がない。

 

それでも夜の飲み会には行っちゃいましたよ。

おとろしい。私もおとろしいが、周囲の皆様への脅威でもある。調子悪いのは黙ってたけど。

お仕事上、初顔合わせのお席で大事な会合だったので外せない。

 

このお席で再確認。

3月末から4月上旬にかけて、めっちゃ忙しくなりそうです。

新入社員研修と大学生の面接訓練(マナートレーニング)が同時期に重なります。

喉腫らしてる場合ではないのだ!

 

 

し、しんどい。。うががががが。

 

 

 

 

 

 

カラオケ発表会の司会

毎年3月の恒例、

日本クラウン三木千代さん主催のカラオケ発表会。

今年も司会でご一緒いたしました。

 

三木千代・歌手生活20周年、節目の今年。

内容も工夫が凝らされ、楽しい会となりました。

先生とのお付き合いも20年を超えましたか。。。びっくり。

 

今年の音響スタッフがこれまた豪華な人選でこれまたびっくり。

 

いつもお世話になっております、

有限会社Rise から、しゃちょー、やまちゃん、くにちゃん って。。。。

この3人で脇固められるって。し、至福。。。。。。。レベル高っ!

 

長丁場ながら、当然のごとくノーミス。

司会者との呼吸もピタ。

 

う〜〜〜〜ん。

また飲もうね飲もうねいっしょに〜〜〜〜!

気持ちいいったらありゃしない。

 

アップ後、しゃちょーとの会話。

 

ええ仕事できた〜〜〜〜って充実感あるなぁ。

 

そうそうそうそうそう!

息の合ったメンバーで仕事するとそう!

無駄なくそつなく、人の力を借りながらステージアップできる感覚ね。

 

この感覚はとても大事にしたいし、大好きです。

んふふ〜〜〜〜🎶

 

 

答辞。うまくいきました。

初めて教室にお越しくださったのはもう10年くらい前になるかもしれない。

わたくしがまだ「教室」という名のスペースを持っていなくて、知人の事務所やアトリエを間借りしていた頃だ。

Rちゃん は、色白で清楚で賢そうな素敵な女性。という印象。

 

滑舌が良くなくて会社での電話応対がうまくいかない

 

ことが当時のお悩みでした。

聞いてみればめっちゃ言いにくい社名。そりゃ仕方ない、と苦笑いしあったかなぁ。

 

そんな彼女、期限付きのレッスンがほどなく終了するも、

その後もまたちょくちょくと発表会や個人レッスンに顔を出してくださっていました。

 

そして月日は移ろい、彼女の転職や再挑戦などご報告をいただきながらのこの春。

再挑戦で猛勉強の末、見事国家試験に打ち勝ち、次のステージへと駒を進められました。

 

そんな彼女の頑張りやひたむきさ、誠実さが周囲にも伝わるのでしょう、

ことある度に「代表スピーチ」の座に付けられてしまう彼女。

 

「もうね、人生で一番苦手で困ることなのに〜」

とブーブーヒーヒー言いながら練習にやってくる。

 

今年、学び舎を卒業するにあたり答辞を読んだ彼女。

卒業式当日、  いま、終了した  と、

メールが届きました。

読む だけにもかかわらず、一生懸命取り組んで練習して、

納得いく読み方を手に入れて臨んだ旅立ちのシーン。

結果は上々で、先生方や先輩方に大いに絶賛していただいたらしい。

嬉しい報告メールでした。

 

新しい環境、新しい職場でも

Rちゃんらしさを振りまいて、周囲をほっこり安心させていってほしいと思います。

 

 

 

A氏、知名度高し。@教室。

本ブログでは、ほぼ1位の登場回数を誇るA氏。

 

ご本人とも先日お話ししたのだが、当方に通い始めてもう5年ほどになる。

初めてお見えになった時は、ご自身の結婚披露宴での新郎スピーチ練習でした。

 

その後、お仕事に関わるプレゼンの練習をするためにピンポイント受講で再訪され現在に至ります。

 

登場回数が多い理由は何か。

 

それは、彼の「熱意」。

新郎スピーチの時もそうでしたが、

並々ならぬ熱意、真剣さを感じるのです。

 

そしてやっぱり、

当方を上手に利用してくださる、ということ。

 

ここぞという時に、必ずスケジュールを逆算して時間を作ってこられます。

曖昧な状態から明確な形へ。

本番に合わせて徐々に進化していく様をいつも見せてくださいます。

 

今回も社外プレゼンに周到な準備をしたA氏。

ウィークポイント克服のためそれはそれは一生懸命頑張りました。

 

結果、

ご本人の報告では50〜60点。

あまり芳しくはなかったようです。

 

悔しい を連発していらっしゃいました。

 

 

うん。そんなときもある。

がんばったのになんで? っていう時。

 

わたくしにだっていくらでもある。

現場に対する責任感があればあるほど、うまくいかなかった時は辛い。

仕事としていただいたステージなのに と、罪悪感すら感じる。

 

悔しい。辛い。自分に腹たつ。

なんであの時、、、 っていう言葉がぐるぐる回る。

 

 

でも。

 

明日は来る んだよね。

 

↑これは、ほんの7年前にわたくしが知り合いから頂いて救われた言葉です。

 

そ。落ち込もうが辛かろうが哀しかろうが、

時間は止まってくれませぬ。

次へ向かう波に乗らねば運んでももらえませぬ。

 

というわけで、A氏、報告の最後は

 

明日から頑張ります!

 

で結んでくださいました。

 

さて。

A氏、そこそこの知名度です。

うちの教室内だけですが。

度々ブログに掲載しちゃうからですが。

 

プレゼンで頑張ってる人 といえば!= A氏!

 

プレゼンで頑張りたい! = A氏みたいに!

 

的な。

 

自らの課題に果敢に取り組む姿はかっこいいです。

年齢も性差も関係ありません。

 

自分の力で壁を崩した時の清々しさをしっかりイメージして

また挑戦を始めてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

スパマー攻撃に遭ってしまいました。

 

2月初めからおよそ1週間、エライ目に遭ってました。

 

「迷惑コメント」です。

 

このブログページのアドレスが攻撃(?)されてました。

 

突然、携帯にお知らせメールが入って、

「あなたのブログにコメントが届きました」と。

 

早速見にいきます。

 

すると、

コメントがついたのは2010年とか2008年とかの古い投稿。

しかも、全部英語。

 

ざっくりまとめますと、

 

●Oh〜!検索で偶然辿り着いたよ〜ユーハブワンダホ〜ぶろ〜ぐ!

 

●ぐれいとだわ!私は最近悩んでいたけれどあなたのブログに救われたわ!ぜひ続けてほしいわ!

 

●なんてセンスがいいんだ!色といい、デザインといい!勉強になるよ!僕はブログ初心者なんだけど参考にするよ!

 

●友達に聞いたの!すごい面白いブログがあるよって!早速やってきたんだけどもうブックマーク済みよ!よろしくね!

 

●さっき長文でコメント書いたんだけど、消えちゃったぞ?とにかくブラボーなブログだ!気に入ったよ!

 

 

・・・いやいやいやいや。そないに絶賛されてもやね。

いかほどの翻訳ソフトを使ってらっしゃるのか。

「ひゃい〜!」とか、「そらなんぼなんでもあきまへんやろ」とか、訳せてるんかい。

 

そしてもちろん、

絶賛コメントが5つほど続いた後で、こんなん ↓ が定期的に混じる。

ここが相手側の仕掛けどころですね。

 

 

★噂どおりだね、なるほど扱いづらいはずのトピックスがいっぱいでべりーないすだ!

君のこのブログを世界中にアピールしたいと思わないかい?

それにはみんなが見たいと思う写真や動画をアップするのさ!

僕はウェブデザインをやってるんだけどいつでも声をかけて。待ってるよ。

名前をクリックすれば連絡が取れるページに飛ぶよ。

 

 

・・・誘われている。危険臭むんむん。

ここでリンクに飛ぶと次の展開が待っている訳ですね。

 

 

ブログにコメントがつくとアラームで知らせる設定にしてあったもんだから日におよそ20回、

しかも夜中もひっきりなしにチャリンチャリンとお知らせが来る。

 

人間認証設定なんて軽くスルー。

はじかれないよう本文にURLを記載せず、名前からリンクさせています。

 

しかも、褒め倒した後に不安にさせる、ありがちな心理作戦。

 

あっという間にコメントびっしりになりゆくマイブログ。

 

システム上、コメント削除方法は

1回ずつ、1通ずつ消すの繰り返しのみ。

コメントは膨大。

 

吐くっちゅうねん。

 

でも。

がんばった。復活させた。

何事もなかったように。すんごい時間かかるし。

荒らされたくないので古いのはタイトルアーカイブにしました。

コメントも全部消して、新規コメは受付できなくしましたので、あしからず。

 

こんなことってあるのね。

勉強しましたわ。

無防備はあきませんね。何事においても。

 

気をつけましょう。

 

 

 

マナーをスキルに!

 

 

「びびびっときました。ここにしよう!って!」

 

と、嬉しいお声をくださった、Sさん。

話し方の教室をいろいろ探す中で、

ここしかない くらいの勢いで気に入ってくれたそう。

 

ありがたい事です。

 

当方にお見えになる方には

このように熱く語ってくださる方が多く、

 

なんだか目に見えない赤い糸を感じます。

 

お互い、人生の中のほんの一瞬 出会うだけなのですが、

それでも、会うべくして会う、会う事になっていた ような、

そんな確信めいた嬉しい気持ちになるのです。

 

Sさんは起業を目指す元気でキュートな女性。

将来像に向かって動き始める時のきっかけの一つに、

まずはマナーを勉強しなおすことに。

 

 

マナー。結構一筋縄にはいかない。

 

場面、相手、立場によって気の使いどころが変わる。

 

これが当たり前 と一辺倒に教えられるものの中には

誰かが最近決めた型枠だったり、

日本文化に根差しいていないので分かりづらいものもある。

 

曖昧なところも多いにあるが筋のところはゆるがない。

それは、「相手を想う立ち居振る舞い」

なのである。

 

Sさんは、そこをたくさんの人に広めたい話したいと願っている。

マナーを土台にしっかり足をつけたら、

そこから自分の可能性が広がるはずだ、と声を大にしたい。のだ。

 

わたくしの思いにもドンピシャ繋がっている彼女の頑張りを

全力サポートしていきたい。

 

 

 

 

宝塚で司会

毎年1月の最終日曜日はシャンソンの先生 つのだよしひろ氏が催す発表会です。

つのだ先生とは、第1回目の発表会からご指名をいただいておりますが、

なんと!早くも、今年で19回目だそうで。。。。。。

 

えらいまた。

わたくしも歳を取るわけです。

 

しかしまた。

先生はじめ生徒の皆さまお変わりなく、お若いままのお姿でございます。

 

開催ホテルは、千里阪急から宝塚へ変わりましたが、

フルコースのお料理で歌の時間を楽しむスタイルは最初から変わりません。

ゴージャスです。

わたくしにまでお席をご用意いただく光栄。

 

第1回目の発表会、主宰先生は生徒さん一人一人の歌声を聴きながら

終盤には感極まって涙ぐんでいらっしゃいました。

そして今年、共に19回目を迎えた生徒さんもいらっしゃる中、

主宰先生はやはり1回目と同じ位値、会場の後方扉口付近に立って、

一人ずつの歌声を聴いてはうなづいたり指揮手振ったりしてはりました。

ハラハラ、ワクワク。

わたくしも自分の教室の発表会は少しそんな気持ち。

 

 

 

宝塚って、

大阪南側の住人、わたくしにとってはすげーすげー遠いです。

朝の出発がすげー早いです。

 

でも、

このホテル、結構好き。

佇まいというか、風情というか。

ホテルに会いに行く ような感じ。

わたくし古い建物が好きなのです。

天井とか壁とか。

 

主宰先生が今回もまた言ってくださいます。

「司会者の浮気はせーへんで!」(司会を変える事はないよ〜的発言)

20年変わらずお付き合いくださっている事に

今年も感謝。です。

 

 

 

 

 

 

プライベートレッスン

本日を含めて2回、のスケジュールで、現役中学生Mさんが朗読レッスンを受講しています。

全国的にも珍しい学部のある高校へ進学を希望されているMさん。

入試面接の一環に「朗読」があるそうです。

 

中学校では放送部にも演劇部にも属さず、朗読は今回が全くの初めてというMさんに、

昨年の課題を音読していただきました。

 

すると、、、

 

もうこれは、先生の直感 でしかないですが、

「上手い」。

 

うまい というのは、

テクニカルな部分ではなく、

感情を捉えるアンテナが「活きている」ということです。

 

他者の感情にうまく添う事が出来る。

共感し、実感できている。

行間を読む、

文字に書かれていない空間を感じとる力が、強い。

 

 

中学生の溢れる感性を目の当たりにして

ドキドキしています。

 

 

 

野菜レシピコンクール司会

毎年この時期に行われる、泉州地域の野菜レシピコンクール表彰式。

今年も司会のご用命をいただきました。

 

ルールは「地場産の野菜を使う」。

小学生を対象に夏休みを使って創作、厳正なる審査をくぐり抜け、

味・見た目・発想力 それぞれに創意工夫のみられる作品が部門ごとに表彰されます。

 

教育委員会の皆さまも駆けつけ、

表彰式の後は関係者全員で「試食会」。

大人にはない、思いもつかない発想力から産み出された珠玉のメニュー、

地場産野菜もふんだんに使われていてカラフルカラフル。

 

審査委員長でもあるお料理の先生が、

わたくし&マネージャーをもれなく試食に誘ってくださいます。

(*仕事が終了してみんな帰った後でね)

 

いろいろと力を入れて紹介した後なので、

「あ、これが・・・」「お、これは・・・」と、わたくしは興味津々。

 

主催および関係者の皆さまとは、今やすっかり顔なじみになれました。

いつも気さくに声をかけてくださるのがとてもうれしいです。

 

しかも試食がおまけについてくるなんて。

 

なんて楽しい現場♫わひょ〜〜〜ん♫

 

マネージャーのDoor to Doorの送り迎えつきで姫気分やし。

うれしわ〜。感謝。

 

 

 

 

 

新年賀会2017

毎年お声がけくださっている、T市商工会主催の新年賀会。

今年も司会でご一緒いたしました。

 

毎回、前年度の暮れに時間を作り

念入りに打ち合わせてくださるお心遣いに頭の下がる思いです。

 

そしてもう一つ、

この年始のお仕事では、わたくしと小中高と学び舎をともにした幼馴染(?)のO氏が、

主催側スタッフの一人としてお迎え下さいます。これも楽しみ。

全くの偶然ながら、スタッフとして彼がある年から突然出現し、現在に至っております。

不思議な縁を感じますねぇ。

 

 

その彼が結んでくれた新しいご縁があって、現在の講師の仕事にもつながっております。

感謝。。。

 

わたくしの司会始めとなるこのお仕事、

もうずいぶん長くなりましたが、あり難くお受けいたしております。

 

引き続きご縁をいただけますよう、

常々に勉強、精進していかねばと、心引き締まる思いです。

 

 

 

同窓生と会う。懐かしの生徒会長『P』

生徒会長 という過去の肩書を持つ方と、どうもご縁があるようです。

思い出すあの方も、尋ねてみたらこの方も、、、、生徒会長経験者。

 

その中でもピカイチ縁深かった生徒会長、

それは、わたくしの高校時代、3年生のときの同輩『P』。

 

わたくしが3年学年代表を務め、彼が生徒会長で、最後の一年を過ごした。

生徒会室では、賢い後輩たちにも恵まれ

「生徒会室」そのものが面白くて楽しくて、

毎日のようにうにゃうにゃなんだかんだ絡んでいたように思う。

会議が行き詰まったら、

生徒会室前の中庭で上履きのまま二人でバドミントンしたなぁ。

「おりゃぁぁぁああっ」「とりゃぁああああっ!」とか叫びながら。

 

そんな彼と、このお正月休み、卒業以来30年ぶりの再会。

 

ま〜も〜そらも〜びっくりしますわな〜

30年て一口で言いましてもごっつ長いですやん〜〜

世の中めっさ変わりましたや〜〜〜ん

 

なにせ、高校卒業時でお互い記憶止まってますから〜〜〜

瞼の君は制服着てますから〜

背景映像は体育館と校舎と上履きと渡り廊下と窓にそよぐ風や〜ん?

 

 

それがですよ〜

梅田で待ち合わせてですよ〜

 

「酒いっとこ」

 

 

とか

 

 

「居酒屋どこでもええで」

 

 

とか。笑

 

 

 

すっかり呑助の「おっさん」&「おばはん」

ですのよ。

30年よ。

 

そんな〜〜〜〜〜ばかな〜〜〜〜〜〜うそや〜〜〜ん

酒飲むとか知らんし〜〜〜

でも現実〜〜〜〜普通におっさんおばはん〜〜〜

 

 

まぁ、もう、互いに。

呑む呑む。しゃべるしゃべる。

 

め=====っちゃ嬉しい楽しい再会でした。

よかった!ほんま嬉しかった!

『P』が企画しようとしている同窓会、

姓も変わらず地元に在住のこのわたくし、(文句ある?)

少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月2日はレッスン事始め

2012年の1月2日からだから、2017年で6回目。

 

毎年この日に必ずご予約くださる、

某大手化粧品会社研究開発室にお勤めのO氏。

 

颯爽と今年もお越しくださいました。

・・・とはいえ、年始のご挨拶をしてみたり、抱負(?)を語り合ったり。

レッスンとはなかなか言い切れない時間を過ごすのが定例なのですが、

これはこれで、双方向になかなか気に入っており、、、

 

年始にO氏と飲むコーヒーがとてもうれしいわたくしでございます。

 

 

さて、「そんな方(O氏のこと)がいらっしゃって、

もうレッスン始めて7年になるけれど毎年2日に「レッスン事始め」で

来てくださるんですよ」

 

と、何人かに話していると、

 

「それはすごい!習わなければ!」

 

と、他の方からもご予約が・・・・

 

というわけで、嬉しく忙しく明け暮れたお正月2日となりました。

 

今年も個々の目標に向かって頑張りましょう!

2017謹賀新年

2017年が始まりました。

いつも気になるのが、「今年の運勢」。

 

きっと誰もがそうであろうと思いますが、

 

「ええこと以外は忘れてまう」

 

のがわたくしのいいところ。

 

四柱推命だのなんだの、巷にあふれる「来年の運勢」。

そりゃーもう、見ますよ読みあさりますよ。

でも、覚えてる項目はほとんどない。

 

しっかり覚えて毎日参考にしてる人、見たことないし。

 

でも、

 

漠然と、

 

「いい」(的なこと)

 

と書いてあったりするとニンマリするよね。

 

そんなこんなで、今年も適当に!楽しくいきましょう!